記帳代行サポート

◆経営者のみなさん。こんな悩みはありませんか?

  1. ①経理の帳簿のつけ方がわからない

    帳簿は、複式簿記という一定のルールに従って記帳をする必要があります。日々の業務に追われている経営者の方が、一つ一つの取引を複式簿記に従って記帳するというのは、なかなか大変なことです。会計ソフトに簡単に入力するだけと言っても、やはり最低限の簿記の知識は必要。会計ソフトで作ったデータが合っているのか、間違っているのか、まったくわからないのでは、意味がありません。そんな時に、助かるのが「記帳代行サポート」です。専門家が記帳するのでミスがありませんし、スピーディに記帳を行うことができます。

  2. ②記帳に時間が割けない

    記帳は一つの取引ごとに行います。売掛金、買掛金、現金出納帳といった取引用途に合わせた帳簿の内容を最終的に総勘定元帳にまとめて転記します。会社の備品をコンビニで購入したというのも一つの取引ですし、売掛金でA社と取引したというのも一つの取引です。ありとあらゆる取引を自分で全て記載するのは、よほどの時間がないと難しいでしょう。通常の仕事が終わってから記帳するという経営者の方もいますが、書き洩らしなどがあった場合は大変です。毎日、忙し過ぎて時間がない場合も「記帳代行サポート」にご依頼ください。丸投げできる記帳代行のサービスもありますので、余計な手間をかけずに、正しい記帳が可能です。

  3. ③経理担当者を雇う余裕がない

    日々の記帳が面倒だと思っていても、起業したてでは、収入も安定しない時に経理担当者を雇うのはなかなか難しいものです。記帳業務だけアウトソーシングをすると言っても誰に任せればいいのか、わからないということもあります。そこで、検討してみたいのが「記帳代行サポート」です。このサポートでは、取引ごとに価格が変わる仕組みになっており、取引の少ない起業したての経営者にとってお得なサービスです。

  4. ④経理のわかる人に依頼したいが、予算に限度がある

    経理担当者を雇う余裕はないけれども、業務委託という形で経理業務を委託したいと考えている人もいるかもしれません。しかし、予算に限度があり、どうしようかと迷っている経営者も多いはずです。そのような時に考えていただきたいのが「記帳代行サポート」です。現金出納帳の入力は、自分が行い、その他の記帳入力を依頼する場合は20取引までは980円で代行することが可能です。取引ごとに金額を調整できるので、予算に限りがある場合でも対応することができます。

  • 経理や帳簿のつけ方がわからなくて困っている
  • そもそも、時間がかかりすぎて記帳に時間を割けない
  • 自分ではできないが、かといって経理担当者を雇う余裕もない
  • 経理は分かる人にお願いしたいが、予算に限度があって悩んでいる

矢印

時間と労力のかかる記帳業務は
まとめてお任せください!

◆経営者の皆さんの一番の仕事は一体なんでしょうか?

経営者の方の一番重要なお仕事は、経理業務ではありません。どのようにして売上を上げていくのか、また会社を永続的に発展させるために何をしなくてはならないかを考えることです。つまり経営を行うことです。
起業して間もない会社の場合、経営者が「会社の戦略」を考え、「営業の最前線」にも立ち「事業を進める」ことが多いでしょう。会社のあらゆる部門が、経営者の方のお一人の方にのしかかっているのです。会社のあらゆることを行っているので、ほとんど時間が取れません。ところが、一方で経理を行っている経営者も少なくありません。本来売り上げに力を入れる時間が無駄な経理業務に費やされてしまっているのです。経理業務にも追われ、経営者として最も大切な「売上を上げる」ことに手が回らなくなってしまっては本末転倒です。

そんな事態になる前にまずはお気軽にご相談ください。

◆サポート料金

(税抜)

月間仕訳件数 記帳代行入力だけ
(出納帳はお客様作成)
100仕訳まで 15,000円
200仕訳まで 24,000円
300仕訳まで 33,000円
300仕訳超 100仕訳ごと+8,000円